フサフサ

髪に悪い影響を与えるシリコンシャンプー

近頃、「ノンシリコン」という商品が浸透してきました。
以前、シリコンという言葉が流通した時、私は豊胸などの美容整形手術などに用いる素材を思い浮かべました。
シリコンとは、いったいどんな成分なのでしょうか?シリコンとは、髪に悪いのでしょうか?
シリコンシャンプーは、シャンプーのパッケージにジメチコン、シクロメチコン、シリカ、シロキ、メチコンという成分が記載されているものはすべて当てはまります。

シリコンは、ゴム状であったりオイル状であったり、さまざまな形で使われるものです。
化粧品などにも含まれています。
シャンプーに入っているシリコンは、髪を洗う際に、指通りが良くなるように含まれている成分になります。

そのため、洗っているときの感触や指通りはとても良く感じます。
しかし、そのシリコンが、実はコーティング剤としての役割が一番大きいのです。
ですから、本来ならば汚れをすっきり洗い流すことを目的にしたシャンプーに、強いコーディング剤が含まれることによって、汚れを髪にとどめてしまうという発想が、「ノンシリコン」の開発につながったのです。

シリコンシャンプーは、髪に合うか合わないかによっても、悪影響の度合いが異なってきます。
髪そのものに悪いので、使用しないという人もいますが、たとえば、ノンシリコンのように天然性の高いものを使用することで指通りの良い仕上がりにならなかったという人が、髪が気になって触ってばかりいる癖がついてしまったら、それこそ髪に悪い習慣です。
髪に触れて外的な汚れをたくさん付着させることになるので、それならが仕上がりが指通りよくなめらかなほうがよいでしょう。

一方で、気になっている髪の悩みが薄さだったり、細さだったりした場合、見せ方にボリュームをだしたい時にはシリコンが入っていないシャンプーがお勧めです。
しかし、ある程度のボリュームがあり、抑えたいという人がノンシリコンを使用すると、さらにボリュームが気になってしまい、髪に悩みを持ってしまうこともあり得ます。
このように、直接的な悪影響もあることは確かですが、自分の髪の状態によって、使用してみたときの感じ方は様々。
商品の中から、成分だけでなく自分がなりたい髪質にマッチしたものを選ぶことも必要なのかもしれません。

Copyright(C) 2013 男もヘアケアをする時代! All Rights Reserved.