フサフサ

高級アルコール系シャンプーに注意!

市販で売られているシャンプーは、高級アルコールシャンプーhttp://www.epartnersolutions.com/alco.htmlという部類が最も一般的で、安いことで有名です。
一昔前は、石油系のシャンプーが大量に流通していましたが、環境によくないということで最近ではこの高級アルコールシャンプーが主流となってきたのです。
「高級」という名前が付いていますが、単に高級ということではなく、配合されている度合いが協力という意味で考えたほうがマッチしているかもしれません。

このシャンプーの特徴は、安いこと、洗浄力が強いこと、泡立ちが良いことなどがあげられます。
しかし、こうした特徴の背後には、髪に良くない特徴も隠れているのです。
安さの理由は、安く製品化できる成分を使っているからにほかなりません。

界面活性剤」という成分が、良くない成分として知られていますが、聞いたことはあるでしょうか?
界面活性剤は、とても強力な洗浄力を持っており、たいていの市販のアルコール系シャンプーには入っています。
これは、価格を安く抑えられるためにほとんどのシャンプーに入っているといっても過言ではないでしょう。

界面活性剤は、強すぎる洗浄力が、髪に必要な成分までを除去してしまうことから、髪に良くないといわれています。
最近、「毛の傷みがひどい」などと悩んでいる人がいたら、あなたの髪が傷みやすいのではなく、この成分が入っているシャンプーを使っている可能性があります。
ここで育毛シャンプーに切り替えてみたら、髪質がみるみるうちに変わっていくこともありますので、一度いま使っているシャンプーを見直してみるのも、おすすめです。

市販のシャンプーに「ラウリル」か「硫酸」という名前がついていたら、要注意です。
たとえば、シャンプーの成分の中に、ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸、ラウリル硫酸ナトリウムなどのように、この二つの言葉が使用されている成分を見たときは、そうした高級アルコール成分を配合した危険なシャンプーと考えてよいでしょう。

Copyright(C) 2013 男もヘアケアをする時代! All Rights Reserved.