フサフサ

体に悪影響を与えない育毛シャンプー

育毛シャンプーの最大の特徴は、カラダへの影響を与えないことです。
一般に、多く出回っている高級アルコールシャンプーは、頭皮や毛髪に悪い影響があるだけでなく、アトピーや鼻炎などの体質の人にも、悪影響があるといわれています。
また、その成分が、肝臓や腎臓などの内臓にも悪いということも最近では言われています。
成分だけでなく、わたしたちは体や頭皮に悪影響であるストレス、たばこ、食生活などの生活習慣も加わって、血行の悪い体にしてしまうことにより、薄毛や脱毛を増発させている可能性もあります。

育毛シャンプーは、そうした生活習慣からも頭皮を守るために、開発されました。
育毛シャンプーは、毛根に十分な栄養が行き渡るように、頭皮にほどよい皮脂環境を残してくれます。
そうすることで、頭皮の血行が良くなり、育毛をうながすという良い循環を作ってくれます。
頭皮の状態を整えると同時に、頭皮の血流もよくしてくれるので、肌の色の変化が一目瞭然だとクチコミでも聞かれます。

また、育毛シャンプーの体内への影響も、重要なポイントです。
育毛の妨げになる酸化や糖化を防いでくれます。
なぜなら、育毛シャンプーには抗酸化作用があるためです。
人間の体は、ストレスを感じると、活性酸素が出て体が酸化していきます。

たとえるならば、鉄が酸化して、さびになっていくイメージです。
酸化がすすむと、人間の体内では、細胞に傷がつき、老化の一途をたどっていくのです。
何とも恐ろしいことに、日々そうした状態にさらされているわたしたしの体。

その状態を、ポリフェノールなどの抗酸化作用を持つ成分が戦ってくれているので、人間の髪や細胞が健康に生き延びているといっても過言ではないようです。
育毛シャンプーには、ポリフェノールを含むものもたくさんあり、遺伝子レベルで体によい成分を与えてくれているのです。
こう聞いてしまうと、シャンプーもないがしろにはできませんよね。
こうしたシャンプーなどの表面的なケア用品でも、血流や体内の酸化などの全身に関わるはたらきを含んでいるので、成分をよく選んで、自分に合った一品をセレクトしてみてください。

Copyright(C) 2013 男もヘアケアをする時代! All Rights Reserved.